Edit

aliasコマンドとは

  • コマンドのエイリアスを一時的に設定することができる

使用例

カレントディレクトリ内にある空ディレクトリを再帰的に削除するコマンド$ find . -type d -empty -deleteのエイリアスをcleanと名付けて一時的に使用する

$ alias clean='find . -type d -empty -delete'

$ cleanを実行すると$ find . -type d -empty -deleteが実行されてカレントディレクトリ内にある空ディレクトリが再起的に削除される

また、マシンをシャットダウンした時にaliasコマンドで設定されたエイリアスはなくなる 永続的にエイリアスを設定したい場合は

$ echo alias clean=\"find . -type d -empty -delete\" >> ~/.zshrc

を使う(使っているシェルがzshなので、この例の設定ファイルが~/.zshrcとなる)

シェル芸

先週のも残ってるけど待っててね

comments powered by Disqus